ジョモリー Jomoly

カミソリで剃るムダ毛処理

一般的な女性のムダ毛の処理方法の『カミソリで剃る』という方法。
手軽に、長い間行っている処理方法だとおもいます。
カミソリで受けるお肌のダメージは、とても大きいものです。
カミソリでムダ毛を処理していると、いつの間にか黒ずんでいるような気がする・・・
そんな経験のある方も多いはず。
気がつかないうちに黒ずんでいた…なんてことも。

 

実は、頻繁にカミソリで処理をしていると、メラニンが過剰生成されています。
その部分が色素沈着していくることで黒ずみがおこっています。

 

また、肌が乾燥しているとカミソリの刃をあてたときに傷がつきやすくなるために、肌の角質層も一緒に削ってしまっていることもあります。
角質層が削られると肌のバリア機能が弱まってしまうために、毎日削っていると皮膚はどんどん弱くなり、肌トラブルが起こりやすくなります。
繰り返す肌トラブルの原因は、ムダ毛処理のカミソリということもあります。

 

毛抜きで抜く

とても便利な毛抜きですが、無理やり毛を抜く事により、毛穴や皮膚を傷つけています。
例えば、皮膚を怪我して出血するとカサブタとなります。
実は毛抜きで抜いた肌も同じようなことが起来てしまっていることも。
出血するまでの傷ではなくても、毛抜きでムダ毛を抜いたことで、皮膚は傷を負ってしまいます。
 その皮膚が再生しようと薄い膜がかかります。
毛穴に膜がはってしまうと、表皮が塞がってしまい次に生えてくる毛が 表皮の上に出てこれなくなったりし、ブツブツとなってしまう、いわゆる『埋没毛』といわれているものです。
薄皮の下に丸まった毛があったり、毛穴が黒くプツプツ見えたりする症状です。